志望ジャンルに
迷ったら…

FIND JOB

イラスト

職種と業務の内容については、外からではわからないことも多い。
以下のケースを参考にして、自分のやりたい仕事と職種のミスマッチを防ごう!

「ボンボンTV」のような動画コンテンツに興味があります。どのジャンルを志望すればよいでしょうか?

「動画」という手法に重きを置くなら「その他」を。逆にコンテンツそのものに重きを置くなら、そのコンテンツに近い編集部門のジャンルを選んでください。(例:スポーツ選手のインタビュー動画を作りたい ⇒ 「ニュース・スポーツ・芸能」)。

ニュース・スポーツ・芸能

電子書籍に関する仕事をしたい場合にはどのジャンルを志望すればよいでしょうか?

電子書籍を作りたいのであれば、編集の各ジャンルのうち一番興味のあるものを選んでください。電子書籍の販売に興味があるのなら「販売・宣伝」を選んでください。

販売・宣伝

料理本などの実用書はどのジャンルに入るのでしょうか?

「ファッション・ライフスタイル」です。

ファッション・ライフスタイル

ラノベ文庫はどのジャンルに入るのでしょうか?

会社の機構上は「コミック」に入りますが、業務そのものは「文芸書」のほうに近いと思います。

文芸書

海外の作品を翻訳して日本で出版するような仕事は「国際ライツ」でよいでしょうか?

当該の書籍の読者対象が大人であれば「文芸書」を、児童であれば「幼児誌・児童書」を選んでください。

現代新書やブルーバックス、選書メチエはどのジャンルに入るのでしょうか?

「学芸・学術書」です。

学芸・学術書

「ディズニーファン」はどのジャンルでしょうか?

「幼児誌・児童書」を選んでください。

幼児誌・児童書

全く新しい児童向けの雑誌を作りたいと考えて講談社を志望しています。近いジャンルは「幼児誌・児童書」とありますが、このジャンルでよいですか?

「幼児誌・児童書」を選んでください。同様に、文芸誌を作りたい場合は「文芸書」を選んでください。

「ゲキサカ」や「現代ビジネス」のようなウェブサイトはどのジャンルに入るのでしょうか?

そのウェブサイトのジャンルに近い編集のジャンルを選んでください。「ゲキサカ」や「現代ビジネス」であれば「ニュース・スポーツ・芸能」になります。

ニュース・スポーツ・芸能

車に興味があります。「ベストカー」の編集を希望するにはどのジャンルを選べばよいでしょうか。

「ベストカー」は講談社の関連会社が編集している雑誌です。講談社に入社しても編集に携わることはできません。志望の雑誌の奥付などをご覧いただき、講談社が編集しているかどうかご確認ください。

経理や人事といった管理部門を志望する場合はどのジャンルを選べばよいでしょうか?

「その他」を選んでください。