「漫画を描く」
以外、
全部やる!

週刊少年マガジン編集部

2013年入社

これまでの社歴

  • 週刊少年マガジン編集部
イラストイラスト

私の仕事

MY JOB

漫画家さんの仕事は「漫画を描くこと」ですが、では漫画編集者の仕事はというと、たぶん「それ以外全部」です。字面ほど格好良いものではありませんが、プロデューサー兼マネージャーというと一番イメージしやすいかもしれません。

打ち合わせでは作品が少しでも面白くなるようアイディアをひねり出し、入稿時は魅力を損なわず読者に伝わるよう煽り文句や書体に悩みます。作品のリアリティに関わると思えば取材や資料調査もしますし、宣伝になると考えればキャンペーン提案やイベント企画もします。採用サイトで語るなんて畏れ多いけど、それもやります(手に持っているのは担当作です!)。

  • イラストイラスト

作品や雑誌のために「やらなくていいこと」「やっちゃいけないこと」は1つもありません。好きなことを何でもやれて、しかもそれが作品の面白さのサポートに、ひいては読者の感動に繋がるなんて、最高の「好きが仕事になる」仕事だと思います。

イラスト

コミックの仕事

男性コミック誌は「週刊少年マガジン」「ヤングマガジン」「モーニング」など。女性コミック誌は「なかよし」「別冊フレンド」「BE・LOVE」などの編集を行います。

一番印象に残っている仕事

いつまでも“初めて”な日々

 初めて、持ち込みから見ている新人さんが良い賞を受賞した時。初めて、漫画家さんと何度も打ち合わせを重ねた作品が連載会議を通過した時。初めて、自分が携わった作品が誌面に載った時。初めて、担当作品が雑誌のアンケートで人気を獲った時や、単行本の重版が決まった時。これまで経験した“初めて”は、全てが印象的でひとつひとつ鮮明に思い出すことができます。
 勿論、悔しいこともたくさんありました。初めて、打ち切りを告げられた時。初めて、新人さんが「もう漫画家は諦めます」と去っていった時……。でも、それらも嬉しかった“初めて”と同じくらい印象的で大切な仕事の記憶です。そして、その“初めて”が、次に出会う“初めて”を嬉しいものにしてくれているのだと思っています。
 日々新しいものに出会うのが好きな方にとって漫画編集者という仕事は、(つらいこともあるけど)毎日が印象的な出来事の連続で、きっと最高に楽しめるものだと思います。

しい職場です!

楽しい職場です! 色々な仕事をしていると、机の上がすぐにごちゃごちゃになるので気を付けています……。

ある1日のスケジュール

午前中

だらだらと漫画を読んだりゲームをしたり映画を観たり。

12:30

出社。昼食を食べながらメール確認。

14:00

新人作家さんと連載獲得に向けて打ち合わせ。

連載会議への提出へ向けて、どんな作品にするのか企画書やプロットの段階からとことん話し合います。

新人作家さんと連載獲得に向けて打ち合わせ。

16:00

グラビア会議。表紙&巻頭グラビアのラインナップ等を話し合います。

いい歳した大人たちがひたすら「あの娘、可愛くない?」などと意見を交わします(至って真剣です)。

グラビア会議

18:00

連載作家さんと人気獲得を目論んで打ち合わせ。

22:00

入稿作業。台詞の書体や大きさを決めたり、煽り文句を入れたり。

読みやすさや演出を意識して、ひとつひとつ決めていきます。台詞が多いと数時間はかかります……!

入稿作業

25:00

溜まってしまったメールがあれば返信。

26:00

タクシーで帰宅。帰ったら即寝ます。

なんでもQ&A

Q1

あなたが思う「講談社」の魅力

好きなことをやらせてくれるところ

Q2

今の部署で必要な資質は何?

広く深く、ミーハーなオタクであること。1つ、誰にも負けない分野があること

Q3

おすすめの本とその理由(版元・ジャンルを問わず)

正木香子『本を読む人のための書体入門』 きっと、漫画を読むのがもっと楽しくなります。
須田亜香里『コンプレックス力 なぜ、逆境から這い上がれたのか?』 就活にも役立つと思います。
くらっぺ『はぐちさん』 癒やされます。うんす

Q4

就職活動中、出版以外に考えていた業種、職種

東京ディズニーリゾート

Q5

就職活動中の方へひとこと

こんなにも短期間にこんなにもたくさんの新しい人たちと出会える機会はまずありません。楽しんだもん勝ちです

イラスト