FAQよくあるご質問

職種・ジャンルに迷ったら

Q アニメなど映像に関わる仕事がしたいです。どのジャンルを志望すればよいでしょうか?

「国内ライツ」では、原作の映像化ライセンスだけでなく、アニメなど映像作品自体のプロデュース業務を行っています。「コミック」や「文芸」などでは、担当作品の編集者として映像に関わることも多くあります。

Q 「ボンボンTV」のような動画コンテンツに興味があります。どのジャンルを志望すればよいでしょうか?

「動画の制作」という手法に重きを置くなら「その他」を。逆にコンテンツそのものに重きを置くなら、そのコンテンツに近い編集部門のジャンルを選んでください。
(例:スポーツ選手のインタビュー動画を作りたい ⇒ 「ニュース・芸能・スポーツ」)

Q 電子書籍やアプリに関する仕事をしたい場合にはどのジャンルを志望すればよいでしょうか?

電子書籍やアプリのコンテンツを作りたいのであれば、編集の各ジャンルのうち一番興味のあるものを選んでください。電子書籍の販売やマーケティングに興味があるのなら「販売・宣伝」を選んでください。システム構築に興味があれば「IT戦略・システム」を選んでください。

Q 料理本などの実用書はどのジャンルに入るのでしょうか?

「ファッション・ライフスタイル」です。

Q ラノベ文庫はどのジャンルに入るのでしょうか?

「文芸」です。

Q 海外の作品を翻訳して日本で出版するような仕事は「国際ライツ」でしょうか?

当該の書籍の読者対象が大人であれば「文芸」を、児童であれば「幼児・児童」を選んでください。「国際ライツ」は日本の作品を海外で翻訳出版する仕事です。

Q 現代新書やブルーバックス、選書メチエはどのジャンルに入るのでしょうか?

「学芸・学術」です。

Q 「ディズニーファン」はどのジャンルでしょうか?

「幼児・児童」を選んでください。

Q 全く新しい児童向けの雑誌を作りたいと考えて講談社を志望しています。近いジャンルは「幼児・児童」とありますが、このジャンルでよいですか?

「幼児・児童」を選んでください。同様に、文芸誌を作りたい場合は「文芸」を選んでください。

Q 「ゲキサカ」や「現代ビジネス」のようなWEBメディアはどのジャンルに入るのでしょうか?

そのWEBメディアのジャンルに近い編集のジャンルを選んでください。例えば、「ゲキサカ」や「現代ビジネス」であれば「ニュース・芸能・スポーツ」、「ViVi」や「VOCE」のWEBサイトであれば「ファッション・ライフスタイル」です。

Q 「メディア・コミュニケーション(広告)」と「宣伝」の違いがわかりません。同じ仕事のように思えるのですが?

講談社で言うところの「メディア・コミュニケーション(広告)」の仕事は、自社の雑誌やWEBメディアなどに他社の商品やサービスの宣伝広告を掲載していただき、広告収入を得るための営業活動を指します。「宣伝」の仕事は自社の製品である書籍・雑誌の宣伝広告を、新聞など他社の媒体に掲載するためのプロモーション活動を指します。情報の流れる方向、お金の流れる方向が「メディア・コミュニケーション(広告)」と「宣伝」では正反対なので、志望の際にはお間違えのないように。

Q 車に興味があります。「ベストカー」の編集を希望するにはどのジャンルを選べばよいでしょうか。

「ベストカー」は講談社の関連会社が編集している雑誌です。講談社に入社しても編集に携わることはできません。志望の雑誌の奥付などをご覧いただき、講談社が編集しているかどうかご確認ください。

Q 経理や総務・人事といった管理部門を志望する場合は、どのジャンルを選べばよいでしょうか?

「その他」を選んでください。